お花見でお酒を飲んで宴会をするということ。

桜の木の下でレジャーシートを広げて、多くの人でお酒を飲みながら騒ぐ。花見といえば一番思い浮かべるのはそういう展開をしながらのお花見のシーンである。そして、会社員の人たちがスーツを着たままでネクタイを頭に巻いて、みんなでお酒を飲んでいる姿というのも連想される。そこにはその部署の一番偉い人は課長なり部長なりもいて、そして、みんなでお酒を飲んでいる。花見といえばやはり日本酒なので、これを飲みながら騒いで乾杯とか言って騒いでいるシーンが思い浮かぶ。職場の皆で来ているので、まあちょっと職場の秩序なんかもありながら若い新人さんなんかもいながら女子社員なんかもいてみんなで飲んでいる。そして、中堅どころの男の社員が一番はしゃいで盛り上げながら、それを偉い人が横目で見ながら繰り広げられる。それが会社員のするお花見のイメージである。しかし、同じ会社の人たちで花見をするというのは、本当にあるのだろうか? 考えてみたら、なかなかないことなのではないか?