4月4日となり桜の花は早く八割方切ってしまっている。会社に行く途中に大きい桜が咲いているけれどそれが昨日にはもう八割方花が散ってしまっていた。今年は桜の花が散るのがとても早かったように思う。結局仕事をしていて全然花見に行くことはできなかった。週途中の桜の花で桜の花を見ることはできたが、誰かと一緒に花見をするとかゆっくりと桜の花を愛でる何ていう風流なことは結局今年も一度もできなかった。もうちょっと桜の花が長く咲いているものかとたかをくくっていた。4月の中旬くらいまで桜の花が咲いていてさえくれれば見に行くことができたのだ。今週末も久しぶりの休みがある。そこで花見に行きたいと思っても、もう関東の近場では桜は咲いていない。関東だったらもっと北の方とか山の方に行かないともう満開の桜はないだろう。まだ4月4日だというのにだ。例年であれば4月の中旬でも少なくとも残っているものだ。満開でなくても残っているのが普通だろう。それが今年は桜の花の散るのがとても早かった。やはりポカポカと暖かい日が長く続いているのが原因だ。今日もかなり朝から暑かった。もう桜が咲いてるのが不自然なくらいの暖かさであった。これくらいの気温であればむしろ桜が咲いている方が不自然なくらいの初夏を思わせるような暖かさであった。今年は桜の花について色々と有名な場所を調べたのでたくさん訪れてみたかったけれども結局一箇所にも行けなかった。このまま今年のシーズンを終えてしまうのは心もとない。よって今週末のお休みには車に乗って花を見に出かけることとする。ただ奥さんと日程が合わない。一人だけで花見に遠出するってのが少し間が抜けているわ。しかし、そうなってしまったものは仕方がない。